会員専用ページログイン画面へ

入会お申込みはこちらから

お問い合わせはこちら

協力医師

円形脱毛症を考える会の運営を医療的な立場からご指導いただき、患者会での講演等にも協力してくださる先生方です。

詳しくはこちら

スタッフブログ

円形脱毛症を考える会より発信!

『あなただけではない円形脱毛症』

詳しくはこちら

〒110-0003
東京都台東区根岸3-13-8
(株)東京義髪整形内
TEL/FAX: 03-3874-8835
受付時間:平日9:00~18:00
Email: info@hidorigamo.com

このホームページは東京都共同募金会の助成事業で制作されました

治療について

円形脱毛症とは

単発型では積極的場治療を必要としないことがありますが、治癒を促進させるために副腎皮質ホルモンの外用を行うことがあります。
治療に抵抗する脱毛症では、脱毛斑に薬を外用するといった局所療法と薬を内服する全身療法があり、さらに、雪状炭酸圧抵療法、局所免疫療法という治療法もあり、それぞれを組み合わせて治療しています。
根本的治療法はまだありませんので、医師とよく話し合うことが必要です。

おもな治療法

「非ステロイドの投薬・塗り薬」
血管拡張作用を持つ塗り薬や抗アレルギー作用や血流促進作用のある飲み薬を服用します。
例:フロジン液、セファランチン等

 

「ステロイドによる治療(投薬・塗り薬・注射)」
ステロイドは炎症を抑える薬として用いられます。
脱毛斑にステロイドを局所注射、または内服をします。
内服の場合、難治性脱毛症でもかなり効くことがありますが、長期間続けるといろいろな副作用が起きる場合がありますので、医師とよく相談のうえ服用してください。

 

「雪状炭酸圧抵療法」
その場で作った雪状のドライアイスを患部に軽くあて、刺激を与える方法です。
1~2週間に1回行います。

 

「局所免疫療法(SADBE/DPCP)」
かぶれをおこしやすいSADBEやDPCPという化学物質を1~2週に1回、患部に塗布し弱い皮膚炎を繰り返し起こさせます。

 

「光線療法(PUVA療法)」
ソラレンという薬品を内服もしくは、外用しそこに紫外線をあてる方法です。

  • 掲示板
  • 専門医による医療相談
  • 病院紹介
  • イベント告知
  • モバイル版
Copyright(c) 円形脱毛症を考える会 All Rights Reserved.